股の黒ずみの原因

股の黒ずみの原因が分かることで解消できる

 

お股が前より少し黒ずんできてるので、何とか解消したいけど、
恥ずかしくて人に相談できないですよね。

 

黒ずみを解消するには黒くなる原因を知る事も大切です。

 

股が黒ずみ5つの原因

 

摩擦

 

お股は皮膚の中でも敏感な部分で少しの摩擦でも反応して刺激を受けやすい部位です。

 

オシャレに見せる為に、身体にピッタリとしたジーンズやホットパンツ等を履いていると
動くたびにお股に刺激を与え、肌は防御反応をおこしメラニンの生成をしたりターンオーバーを
早め角質層を厚くします。

 

角質層が厚くなると、肌が角質によってくすんだり、黒ずんできます。

 

摩擦による色素沈着はシミが肌の奥の部分にできやすく改善には日にちがかかります。

 

また、下着はお股の部分に直接触れるものなので、肌触りがよい綿など刺激を与えない
素材なものがよいです。

 

ランニング等、運動をするときはお股が摩擦で刺激を与えにくい服でおこなって下さい。

 

ムダ毛脱毛での刺激

 

アンダーヘアをカミソリで剃ると、皮膚がカミソリで刺激され色素沈着が起きたり、メラニンの
生成で黒ずんだりすることがあります。

 

お股の周りの肌は特にデリケートな部分なので剃った後赤くなったりヒリヒリ、
してきたりします。

 

カミソリを使い続けていると、肌質がカサカサに乾燥したり炎症をおこすことにもなります。

 

脱毛の為、自分で毛を抜くのを続けている事も肌に刺激を与え黒ずむ原因になったり、
毛穴を傷つけ雑菌が入って肌トラブルに為る事も有ります。

 

炎症による色素沈着

 

お股の周りは汗、生理用ナプキン、脱毛等で肌に雑菌が入り炎症を起こしたりします。

 

炎症を起こすとその部分が色素沈着して黒ずんだりすることがあり、色素沈着は肌の
奥のほうで、出来やすいので直すのには時間がかかります。

 

脚の付け根あたりは、汗ばんだりしてかぶれやすく我慢できずに掻いてると肌が刺激を受け、
メラニンの生成で黒ずみを起こします。

 

ターンオーバーの乱れ

 

肌は約28日でターンオーバーと言って古い肌が剥がれ落ち、新しい肌が再生されます。

 

正常に再生されていれば肌が黒くなっても何度かターンオーバーをしてるうちに
黒くなった肌も剥がれ落ち、元の肌の色に変ってきます。

 

でも、ターンオーバーが乱れて正常に働かなくなると黒くなった古い肌が剥がれず、
新しい肌に生まれ変われないので黒ずみが消えずに、シミができることがあります。

 

ホルモンバランスの乱れ

 

ホルモンバランスは妊娠や生理不順になると乱れやすく、身体に色素沈着ができ
黒ずみが出ることが有ります。

 

出産後ホルモンバランスが正常に戻れば黒ずみも自然になくなります。

 

肌が黒ずむのは何らかの原因があるはずです。
まず黒ずんだ原因を知り、黒ずまないように予防することも大事です。

 

股の黒ずみを治す方法については下記でご紹介
>>>股の黒ずみを治す4つの方法